運命鑑定は「おもてなしの心」の場であり、その極意は茶道の精神に通ずるものです。

互いに自分を下げ、思いつく限りの丁寧さでひとつひとつ向き合い、自己を見つめる。

何もやましいことはしていない清らかな心で目の前の世界を映し出すこと。

狭い質素な空間の中だけれど、全宇宙を観る。

 

 これが「鑑(かんがみる=鏡に映すこと)定(さだめる=自分を安定化させること)」の極意です。

 

日々の雑念を取り払い、静かに閑寂さを取り戻し、

いらないものは捨て去っていく境地が「和敬清寂」のこころの上に立つ鑑定です。

 

 

ここ『運命ラボ』では、「四柱推命学」を用いて真の自分の姿を映し出し、

自分をとりまく周囲への敬意を払い、「断易」で身の回りの状況や起こりうる成り行きを的確に設定、

さらに未来に向けて志を定めるため、「周易」で今というこの時の意義を決定づけて、

決断のための内容を提供致します。

矢吹 除二 

 

© 2015 copyright(C)  unmei-labo  All rights reserved